ヘヴィメタルバンド

SONATA ARCTICA(ソナタ・アークティカ)は北欧メロスピ|美旋律に悶える

フィンランドから彗星の如く登場したSONATA ARCTICA(ソナタ・アークティカ)というシンフォニックメロスピバンド

北欧メタルの叙情的なメロディとスピードを受け継ぎ日本でも大人気に!

クラシカルなキーボードとギターの疾走がすでに日本では人気があったSTRATOVARIUSRHAPSODYのファンを驚愕させました

わたくしは主にメロディックスピードメタル(通称メロスピ)やメロディックデスメタル(通称メロデス)など美しいメロディのヘヴィメタルを好んで聴いておりますので、もちろん大好物

この記事ではSONATA ARCTICAについて書かせていただいています

SONATA ARCTICAが好きな方

メロスピ&シンフォニックメタルが好きな方

北欧メタルが大好きな方

そもそもヘヴィメタルってなんだ?というヘヴィメタル入門者の方にはまずはこちらをご覧になることをオススメします⬇︎

 

SONATA ARCTICA

フィンランドのシンフォニックメロスピバンド

「SONATA ARCTICA(ソナタ・アークティカ)」

→オフィシャルTwitter(@SonataArctica

1995年にSONATA ARCTICAの元となるバンドを結成し、1999年にデビュー後にファーストアルバムを発売しすぐに話題に!

北欧メタルぽさ満載のメロディックスピードメタルとシンフォニックメタルの要素を含み、日本ではクサいメロディを求める「クサメタルファン」の心を大きく揺さぶりました

SONATA ARCTICAは北欧メロスピの影響を受けたバンド

SONATA ARCTICAの音楽はクラシカルでシンフォニックなメロディックスピードメタルが原型となっており、同じフィンランドのSTRATOVARIUSやデンマークのネオクラシカルメタルバンドROYAL HUNTの影響もあります

3rdアルバムぐらいまではジャーマンメタルなどのスピードメタルの要素もありましたが、2007年あたりからシンフォニック色やプログレ色も出てきましたね

しかし、かなりのキーボードのキラキラが非常に印象的なバンドではあります

キーボードが入ったヘヴィメタル【メロデス編】

♫A Little Less Understanding

2019年に発表された曲ですが、初期と比べてメロスピ感は薄くなっておりますが、メロディも非常にキレイで美しいヘヴィメタルって感じですよね

シンフォニックなヘヴィメタルが好きな方には非常にオススメ!

SONATA ARCTICA現在のメンバー

SONATA ARCTICAは何度かのメンバーチェンジを経て現在、オリジナルメンバーで残っているのはトニー・カッコさんとトミー・ポルティモさんのみ

ヴォーカル:トニー・カッコ(1996年〜

ギター:エリアス・ヴィルヤネン(2007年〜)

キーボード:ヘンリク・クリンゲンベリ(2003年〜)

ベース:パシ・カウッピネン(2013年〜)

ドラム:トミー・ポルティモ(1996年〜)

1stアルバムからの作詞作曲はヴォーカルのトニー・カッコさんが行なっておりまして、トニーさんはイケメンです

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tony Kakkoさん(@tonykakko_official)がシェアした投稿

Instagramでは非常にお茶目な一面や、プライベートな様子も載せてくれますので、かなり親近感が湧きます(笑)

ちなみにトニーさんはジョニー・デップの大ファンです

👉トニー・カッコ公式Instagram

わたくしは1stアルバムの「Ecliptica(エクリプティカ)」で衝撃を受けたのでメロスピが好きな方にはおすすめ

created by Rinker
¥2,100
(2019/11/17 23:53:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

SONATA ARCTICAの楽曲

個人的に好きなSONATA ARCTICAの楽曲

わたくし、やはり初期に受けた衝撃が忘れられないということで、みなさまにもぜひご紹介したいと思います

♫San Sebastian

SONATA ARCTICAの初期の代表曲でもあり、とにかく疾走とコーラスとキラキラ感がメロスピファンにはたまらない名曲!

♫Fullmoon

結成15周年の記念でリリースされた1stアルバムの名曲「Fullmoon」

 

メロディックスピードメタル&ネオクラシカルメタルの基本という感じで、とにかく今聞いていてもワクワクするような楽曲です



 

SONATA ARCTICAがカバーした楽曲

SONATA ARCTICAは結構他バンドのカバー曲を収録していることも多く、それが楽しみだったりもしますね

  • Scorpions
  • METALLICA
  • HELLOWEEN
  • IRON MAINDEN

オリジナルの名曲を聴いてからカバーを聴いてみてくださいませ

Scorpions ♫Still Loving You

1965年に結成されたドイツの伝説的バンドの「Scorpions(@scorpions)」

 

SONATA ARCTICA ♫Still Loving You

中盤から後半にかけてのソナタ節がむっちゃかっこいいカバーに仕上がっています

 

METALLICA ♫Fade to Black

言わずと知れたアメリカのヘヴィメタルモンスターMETALLICA(@Metallica

 

SONATA ARCTICA ♫Fade to Black

METALLICAの名曲もソナタ節で絶妙なカバーで北欧ぽいアレンジですねー

 

HELLOWEEN ♫I Want Out

ジャーマンメタルというジャンルを作り出したHELLOWEEN(@helloweenorg

 

メロスピの元祖ジャーマンメタル|HELLOWEEN

SONATA ARCTICA ♫I Want Out

HELLOWEENの代表曲でもある「♫I Want Out」をもっとキラキラした感じにカバー

 

IRON MAIDEN ♫Die With Your Boots

イギリス出身の世界的ヘヴィメタルバンドIRON MAINDEN(@IronMaiden

 

正統派ヘヴィメタル|アイアン・メイデン特集

SONATA ARCTICA ♫Die With Your Boots On

わたくし、本家も相当好きですが、こちらのカバーもソナタぽくていいですねー

 

数々のビッグアーティストのカバー曲でしたが、SONATA ARCTICAから聴きだした方には他のアーティストを知るいい機会だと思います

created by Rinker
Spinefarm
¥6,767
(2019/11/17 23:53:23時点 Amazon調べ-詳細)

わたくし、カバー曲好きなんですよね

XJAPAN名曲カバー特集|日本&世界のアーティスト

 

Cain’s Offering

このCain’s Offeringというバンドなのですが、元SONATA ARCTICAのギターだったヤニ・リーマタイネンさんとSTRATOVARIUSのティモ・コティペルトさんのバンドなんです

メロスピが好きな方はこちらがおすすめかもですね

ギターのヤニさんは超絶速弾きギタリストのイングヴェイ・マルムスティーンに憧れていたというのも納得のギターテクニックですからね

ストラト節とソナタ節が合体したようなメロディとティモさんの気持ちのいいハイトーンヴォイスが素晴らしいです!



 

SONATA ARCTICA関連ブログ記事

SONATA ARCTICAやヘヴィメタル関連のことを他のブログ記事でも紹介しておりますので、こちらも参考にしていただきつつ、SONATA ARCTICA以外のバンドのことも知っていただけたらという思いも込めて!

SONATA ARCTICAが影響を与えたバンドFROZEN CROWNはイタリアのメロパワバンドですが、かっこいいですよ!

FROZEN CROWN(フローズン・クラウン)は悶絶メロパワ|イタリアンメタルイタリアのヘヴィメタル界に彗星の如く現れた悶絶メロディック・パワーメタルバンドのFROZEN CROWN(フローズン・クラウン)はどんな...

気になるバンドがいればぜひチェックして聴き込んでくださいませ!

まとめ|SONATA ARCTICAは北欧メロスピ

SONATA ARCTICA(ソナタ・アークティカ)は北欧メロスピである

近年はメロスピ色は薄くなってきているのですが、わたくしの中ではメロスピバンドのままでよろしくお願いします!という想いもあります

ソナタは女性人気も高く女性の方にもおすすめのヘヴィメタルだと思いますので、まずはベストアルバムを聴いてみてくださいませ!

created by Rinker
¥2,100
(2019/11/17 19:21:49時点 Amazon調べ-詳細)

もしあなたがメタラーだと思うなら「ヘヴィメタル依存度チェック」をご用意しましたので、かなりアホみたいな記事ですがどうぞ(笑)

メタラー向け!ヘヴィメタル依存度チェック

メタラー向け!ヘヴィメタル依存度チェック|日常に潜む恐怖の依存症を分析日常に潜んでいるヘヴィメタル依存症……知らず知らずのうちにあなたの脳内を「メタル脳」に変換させている可能性があります ヘヴィメタル...

ぜひみなさんのお力でこのSONATA ARCTICAの記事をTwitterなどのSNSで拡散していただけると幸いでございます